薬剤師の仕事内容と高収入の理由

薬剤師の仕事内容と高収入の理由

活躍の場が広がる薬剤師

薬剤師は活躍の場が広がって来ているのではないかと考えられており、
現在最も注目を集めている職業のうちのひとつとして捉えられています。

 

多くの人々が薬剤師を志すようになってきていることも、
このような活躍の場が広がりつつあることと関連しているのではないでしょうか。

 

積極的に薬剤師として働きたい人が、このような形式で活躍の場を数多く与えられることは、
良いこととして認識されるのではないかと思います

 

医療機関や薬局など置いて薬剤が働くケースが多く見受けられており、
今後も同様の状態が遺族していくものとみられています。

 

そのような状況のなかで、薬剤師が活躍できる場を拡充していくことが
今後も継続的に求められていくのではないでしょうか。

 

実際に現在薬剤師の仕事をしながら活躍している人は徐々に増加してきているため、
より多くの薬剤師が活躍できるようになると強く期待が持たれているのではないかと推測されています。

 

今後も継続的にこのような形で薬剤師の活躍の場が広がっていくことを
望む人は多く存在していると考えられています

 

また、新たに薬剤師として活躍したいと考える人が多くなっていくことも、
同時に望まれていくのではないかと予測されています。

 

そのため、様々な所から薬剤師に対して注目が寄せられていくのではないかと思います。

薬剤師の仕事内容と高収入の理由

大学の薬学部で6年勉強し、国家資格に合格して晴れてなる事の出来る薬剤師ですが
名前はよく聞くけれど仕事内容は知らない方が多いと思います。

 

薬剤師は簡単に言えば医薬品のスペシャリストです。
1番世間で馴染みがあるのは病院で貰った処方箋の薬を患者さんに渡す事です。

 

ただ、渡しているのではなく、薬を調合したり、お医者さんから指示された薬が
患者さんに問題なく使用してもらえるかを確認したりする事も仕事の1つになります。

 

見えない所では、製薬会社やサプリメントを販売している会社の製造所や
研究等で新しい薬やサプリメントを開発するのも薬剤師の仕事です。

 

また、最近ではドラックストア内での販売等でも活躍しています。

 

薬剤師は薬の副作用で患者さんの健康を奪う事があってはなりません

 

そうならないようにいい加減な分量での調合は許されず細かい作業をする集中力が必要であったり、薬局で薬を渡す時や販売する時に患者さん・お客さんに対して薬の効果や副作用を分かりやすく説明する能力やコミュニケーション能力も必要とされてきます。

 

大学では6年間知識を詰め込み国家資格に合格するだけではなく
色々なスキルが全て出来るようにならなければいけないので高収入な仕事なんだと思いました。

規模が拡大しつつある薬剤師の求人

薬剤師の求人は、全国的に規模が拡大しつつあるのではないかと考えられています。

 

そのため、薬剤師を積極的に募集する薬局が数多く存在するようになってきていると推測されており、
大きく注目を集めているのではないかと思います。

 

近年は新たな薬剤師の人材を求めることを目的として、
活発な求人活動を展開する薬局が多くなってきています

 

このような取り組みが全国の多くの地域に広がりを見せることにより、
薬剤師として働くことのできるチャンスが多くなっていくのではないでしょうか。

 

このようにして薬剤師の求人の規模を拡大していくことは、
今後も継続的に見受けられていくのではないかと推測されています。

 

また、長期的な雇用を前提として薬剤師の求人を提示するケースも多くなってきており、薬剤師として働きたい人が安定的な雇用環境を求めることも可能となってきつつあるのではないかと思います。

 

このような薬剤師の求人に関する動向の変化には、多くの人々が注目を寄せているとみられています。

 

また、求人を提示する薬局側も、積極的な薬剤師の求人の提示を行うようになってきていることから、
新たな人材を求める傾向が強くなってきていると言えるのではないでしょうか

 

これからも薬剤師の求人に関する動向には、高い関心が寄せられていくのではないかと期待されています。

薬剤師とその業務内容

薬剤師とは、薬学を基礎として、薬局や医療機関での調剤業務、製薬企業での医薬品等の研究開発・製造、流通、販売、行政機関における許認可・監視指導・試験検査、教育機関などに携わっています。

 

薬剤師になるためには、まず薬学の正規の課程のうち修業年限を6年とする課程を卒業し、薬剤師国家試験に合格、申請により厚生労働省の薬剤師名簿に登録され、厚生労働大臣から薬剤師免許が与えられます。

 

薬剤師法第一条には、「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、
公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする。」とあります。

 

薬剤師法にも書かれているように、薬剤師の業務として代表的なものとして、
調剤、薬事衛生、医薬品の供給があげられます。

 

調剤は、医師の処方箋に基づいて、処方された薬を処方された分量を計って
患者の病気を治療する薬剤を調整することです。

 

そして、薬事衛生は、薬学の知識において処理すべき医薬品の管理・保管、輸入などの業務です。

 

医薬品の供給は、医薬品の製造、輸入、流通、販売なのすべてに関わり医薬品の保存、
管理、試験などの薬学専門技術者として、その適正と安全を保つことです。

 

つまり、薬剤師の業務は多岐にわたっています。
また、薬剤師は他の医療資格と異なり、業務の場が医療機関だけでないのが特徴です。

薬剤師さんに感謝

子供が急に39℃近い熱が出た時の話です。その日は、朝から機嫌が悪くてどうしたのかな?と思っていたのですが、やっぱり夜になってから熱がでて慌てていつものかかりつけの小児科へ行こうとしたのですが、運悪く日曜日の夜だった為お休みでした。

 

どうしょうかと思ったのですが熱が高くて不安だったので
当番医の病院へ電話をして診てくれると言う事だったので向かいました。

 

診察してくれる時間が決まっていてなかなか病院へ着いても診てくれず
熱の高い二歳の子供ととにかく待っていました。

 

順番がきて診て貰うと熱が高いだけで鼻水も咳もしていない事を伝えると
座薬を入れてもらい診察は終わりました。

 

その後、開いている薬局にて座薬と風邪薬を貰いに行くと
薬剤師さんが座薬の量が多すぎると教えてくれました

 

私は、さっき病院でもうそのまま入れられたのですが、と
涙目で訴えると病院へ電話をして確認してくれました。

 

しかし、病院の先生はあっていると言ったそうです。
でも、その薬剤師さんは体重の事や年齢の事をきちんと説明してくれて座薬が多いと教えてくれました。

 

聞いてから、もう入れられてしまったのにとパニックになり子供が心配で心配でたまりませんでした。

 

やはり、座薬の量が多かったようで36℃まで体温が一気に下がっていまい
どうなるのかと不安で恐かったです。

 

小さな子供は体温調節が未発達だからと教えてくれていたので
次の日慌ててかかりつけの小児科へ行きました

 

一回ぐらいでは影響は無いでしょうと言って貰えて安心しました。

 

あの時、薬剤師さんがきちんと教えてくれていなかったらと思うと恐ろしいです。
あの薬剤師さんに感謝しています。薬剤師さんの仕事は必ず必要だと思いました。


ホーム サイトマップ